Salut les copains !!
ふらんせ♪の日記へようこそっ


PROFILE
ふらんせ♪
  • Author:ふらんせ♪
  • 雑貨だいすき♪
    香水だいすき♪♪
    甘い物だいすき♪♪♪
  • RSS1.0


  • CALENDER
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    TAG FRIENDS


    メロパーク
    メロメロパーク


    RECENT ENTRIES
  • クレイアニメ(08/18)
  • きもかわ(08/13)
  • Kinky Boots(08/09)
  • 日本以外全部沈没(08/05)
  • 日本沈没(07/29)


  • RECENT COMMENTS
  • あいはら(09/03)
  • みかん(09/02)
  • みかん(08/01)
  • ろっく(07/10)
  • みかん(05/19)
  • あいはら(04/02)
  • みかん(03/29)


  • RECENT TRACKBACKS
  • TEENAGE FANCLUB:<% rtrackback_title>(10/30)


  • ARCHIVES
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (1)
  • 2005年10月 (4)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年07月 (1)
  • 2005年06月 (3)


  • CATEGORY
  • 未分類 (5)
  • cinema (8)
  • parfum (1)
  • cuisine (1)
  • drama (1)
  • favorite (2)


  • LINKS


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    Kinky Boots
    kinky boots


    今日はオヤスミでーす♪わぁ~い・・と
    音楽チャンネルをみていたら
    こんな映画の予告をやっていました♪

    「Kinky Boots」(キンキーブーツ)


    涙あり!笑いあり!感動あり!!らしいです。
    ありがちなパターンなのかもしれませんが・・・
    でもでも、なんか面白そう!だったので要チェックです♪


    Kinky Boots・・って直訳すると「ヘンタイブーツ」らしい(;・∀・)

    エナメルピカピカにほそくてたかぁ~い超セクスィな
    女王様仕様ブーツと言えば想像がつくかなぁ・・。

    そんなセクシーブーツに、倒産寸前の靴工場の一発逆転!復活!を
    掛ける話♪
    どうやら実話らしいですぞっ♪

    映画が終わる頃には真っ赤なエナメルのピンヒールブーツが
    ほしくなっちゃうかも!?!?

    今月最後の土曜日から公開です!

    スポンサーサイト
    【2006/08/09 10:47】 cinema | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    日本以外全部沈没
    日本以外全部沈没



    この間、30年ぶりくらいにリメイクされた
    「日本沈没」を観て来たばかりの私。
    今日、某チャンネルのニュースをみて
    びっくり!

    なんと!
    この映画に便乗しちゃった映画があるとのこと。

    その名も・・
    「日本以外全部沈没」!

    筒井康隆の原作で「日本沈没」の
    パロディがちゃっかり映画化。

    私の中のお笑いだましぃが
    フツフツ・・フツフツ・・・フツフツ・・・
    フツフツフツフツフツフツ・・・・(しつこい#)
    湧き出てきちゃった♪

    ちょ、ちょっとみたいかも・・♪
    で、でも映画館にいくほどじゃないかも♪

    日本以外が沈没しちゃって
    仕方なく日本に逃げてきた
    有名外国人たちにニホンジンが
    無理難題をあびせる、ビミョウな物語。
    パロディだけどちょっと相当辛口らしい・・・

    ドラマ「富豪刑事」の作者と一緒だからな~。


    ふっ・・・・。

    今秋、公開です。

    【2006/08/05 23:11】 cinema | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    日本沈没
    20060729180449.jpg



    みてきました。

    15日はパイレーツオフカリビアンをみちゃったので
    公開日から2週間遅れでつ。

    ん~。
    どうだろう?観にいった方いらっしゃいますか?
    草ヤギクンと柴咲コウちゃんのラブな
    ところは、映像じゃなくてもっと
    違ったもので、描いてほしかったなぁ・・と。
    そこが少々長く感じたりして
    そこはいいから!とか思っちゃったりして・・・(^^ゞ
    まぁ・・草ヤギクンの最後の言葉や行動に
    つながっていく重要なところでも
    あるんだろうけれど・・・。
    んーーーんーーーー。
    私的には、もうちょっと「沈没」にいたるまでの
    プロセスを丁寧に描いてほしかったなー
    なんて思いました。

    恋愛がからんじゃうと
    どうしても安っぽくなってしまうフシあるからなぁ・・。
    んー。

    ちなみに我が家の相棒は冗談で言ってたんだと
    思ってたらしいんですが・・
    私は、ずーっとホンキで「日本撃沈」だと
    思っていました。

    「沈没」だったんだね~
    作者さま、失礼いたしました
    【2006/07/29 18:05】 cinema | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |

    死に花
    老人ホームのおじいちゃんたちが金庫破り!?

    普通の若者じゃなくて、老人たち。
    そう、高級な老人ホームのおじいちゃんたちが
    金庫破りをするという設定が、たまらなく
    「観たいよぉ」と思ってしまったのでした♪
     
    現実にはありえない設定。
    ムリムリっ!・・ありえない!?などと
    テレビにむかって言いながら観ていたら
    あっというまに2時間経ってしまった。

    何かこう、観終わったあとに
    私も充実した「あぁ!今生きてるんだな!!」て
    ココロから思える人生を歩みたいなと
    思いました。
    おじいちゃんたちのパワー。

    今の若者にはないそのパワフルさが
    たまりません!

    俳優陣がとにかく魅力♪

    山崎努さん・宇津井健さん・青島幸男さん・谷啓さんなどなど・・・。
    元都知事のかるぅ~いおじいちゃんっぷりもたまりませんよっ^-^

    最後はちょっとさみしいような気もするけれど、、
    ぜひみてちょ!

    【2006/05/03 14:36】 cinema | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |

    CASSHERN
    キャシャーン

    昨日の夜、「CASSHERN」(キャシャーン)を
    観ました。
    劇場で観たかったんだけどちょっと忙しくて
    観にいけなかった作品。

    宇多田ヒカルさんやスマップのPVなども
    手がけている紀里谷さんの作品。
    カレの作品はとても私のタイプで
    映像の美しさや、カット割や色使いがとても
    ココロに響く感じがするのです♪

    で・・この「CASSHERN」
    もうかれこれ20数年前に作られたもので
    元はアニメ。
    私が小さい頃にやっていたもので、実は
    歌は覚えているものの、まったく作品の内容は
    覚えていない・・という・・・(;・∀・)
    しかも、「新造人間 キャシャーン」を、ずっと
    「人造人間」だと思っていた始末。
    はずかしー。

    昨夜この作品をみてびっくりした・・。
    これが20数年前に作られたストーリーなの?と思うと
    とても驚く。
    今、世界で常におこっている戦争。
    「憎しみの連鎖」の悲しさ、空しさを
    この時点で訴えている・・ということに驚いた。

    しかも・・・
    人間のあらゆる部位を自在に造り出す「新造細胞」理論。
    これにも驚いた。
    細胞ではないけれど、部位を造るということは
    今現在、進みつつある技術ではあるし・・

    今でも通じるその内容に驚きばかりでした。

    やはり映像の美しさは一品。
    セリフも感情をあらわにするものと
    静かに問いかけるように・・・という映像を
    重ねたり、セピア色の映像だったり、アニメのような
    映像を使ってみたり・・・
    とにかく観ている側のココロに響くような演出がたくさん。
    少し残虐なシーンも多かったかな・・と思うけれど
    白黒の映像によって、主人公の心を反映しているように
    思えたり・・・。

    キャスティングもそれぞれの役に
    ぴったりの配役だったし・・。
    宇多田ヒカルさんのエンディングソングも
    ココロに響きます。

    戦争の恐ろしさ・・・
    人間の心に与える影響。
    空しさ、一体何を得るためのものなのか・・・
    ググっと伝わってきた気がします。
    とにかく
    奥の深いものだったと思うのは私だけでしょうか?

    どしてブタコケしちゃったんだろう?この映画。
    DVDでもいいから、借りてみてください!

    http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/casshern/
    【2006/02/13 17:10】 cinema | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。